スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『京阪電車 1号型・「びわこ号」から「テレビカー」・「プレミアムカー」まで』発売開始

 オープン早々から告知記事を書くことにためらいを感じつつも、倶楽部2600の一員としてスルーするわけにもいきませんので、「号外」という形で記事にさせていただきます。

 すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、JTBキャンブックスの新刊『京阪電車 1号型・「びわこ号」から「テレビカー」・「プレミアムカー」まで』が、本日8月26日(土)より発売開始となりました。

 倶楽部2600では、これまで鉄道雑誌に記事やトピックを寄稿することはありましたが、単行本として1冊まるごと倶楽部メンバーが執筆したのは、今回が初めてとなります。(注:この記事を書いているのは、本の著者ではありません。)

 本文は、これまで京阪電車に在籍した各系列の紹介がメインとなっていますが、中でも枚方市出身の著者が力を入れていたのが、随所に散りばめられている全26本の「コラム」です。倶楽部メンバーならではの視点で、これまでブログで取り上げたことのあるネタから、ほとんど知られていないマニアックなネタまで、雑学や豆知識がたくさん仕込まれています。というわけで、突然ですがここで○×クイズです。

Q.次の各文の正誤をお考えください。

①2000系スーパーカー103両のうち、付随車は最も多かった時期で9両あった。
②京阪線で初めてシングルアーム式パンタグラフを装着した車両は、3000系(Ⅱ)である。
③中之島線開業時点で京阪線に車籍のあった系列のうち、1900系だけは中之島線に入線することなく廃車となった。

 上のクイズの正解は、この本を読んでいただければお分かりいただけると思いますので、ぜひご自身で答えを探してみてください。

 掲載している写真・イラスト・資料等は、倶楽部メンバーのみならず、それ以外の方々からも広くご提供いただいており、そのおかげでより充実した一冊に仕上がったのではないかと思います。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 サイズはA5版・192ページとコンパクトですが、撮影や旅行のお供に最適なサイズとなっています。定価は2,160円(税込)と少し高めですが、充実したカラーグラビアと豊富な豆知識によって、割高感は払拭されるのではないかと思います。なお、誤植等につきましては、倶楽部2600公式Webサイト内資料室に掲載している補足資料にて随時対応させていただく予定です。

 全国のおもな書店のほか、京阪線主要駅構内のコンビニエンスストア「アンスリー」でも取り扱い予定です。すぐに書店へ行けないという方や、状態のよい本をご希望の方もいらっしゃると思いますので、以下にインターネット購入用のリンクも貼っておきます。 ぜひお一人でも多くの皆さまにお買い求めいただけますと嬉しいです。


【お知らせ】
倶楽部2600メンバーが執筆した『京阪電車 1号型・「びわこ号」から「テレビカー」・「プレミアムカー」まで』(JTBキャンブックス)が好評発売中。定価2,160円(税込)。商品の詳細・ご購入はこちら(楽天ブックス)から。


スポンサーサイト

新コンテンツ開設のお知らせ ~プレミアムカー運行開始に寄せて~

 こんにちは、「倶楽部2600」の企画係です。

 ご存じのとおり、本日から京阪電車の座席指定車両「プレミアムカー」の運行が始まりました。これまで“特別料金不要”を貫いてきた京阪にとっては、新たな歴史の幕開けとも言える一日ではないかと思います。

 ところで、私たち「倶楽部2600」も、今月でブログ開設から8年を迎えました。その間に、京阪線から慣れ親しんだ旧塗装の車両が姿を消し、倶楽部メンバーの一員でもあったよき趣友を亡くし、残されたメンバーも記憶力や行動力に衰えを感じるようになってきました。ブログの雰囲気もずいぶん変わったように思います。

 そんな中、「倶楽部2600」10周年に向けた取り組みの一つとして、今回のプレミアムカーの運行開始というビッグイベントに便乗(?)する形で、新たなコンテンツを立ち上げることにしました。

 「倶楽部2600のブログ」も9年目に入り、初期の記事はすっかり埋もれてしまっています。その中には、皆さんからの反響の大きかったものや、思い出の詰まったものもあります。このような記事をピックアップし、現在の状況を書き加えるなどリメイクを施した上で、この場所で再びお目にかけることができればと思っています。

 もちろん、過去の記事の焼き直しだけではおもしろみに欠けますので、新しく書き下ろした記事も織り交ぜながら展開していきたいと考えています。特に、これまで「倶楽部2600のブログ」では取り上げる機会の少なかった、今から20年ほど前からブログ開設までの期間の京阪電車にスポットを当てて、いろんな角度から振り返ることができればと思っています。

 今から20年前と言いますと、京阪特急は一部を除いて京橋~七条間ノンストップで運転されていました。2000年代に入って、特急の停車駅が増え、車両へのラッピング装飾やヘッドマークの掲出が盛んに行われるようになりました。グッズやカードもたくさん登場しました。もちろんそのすべてを網羅することはできませんが、そんな一時代の記録やコレクションを、記憶が鮮明なうちに「備忘録」として書き遺し、皆さんと共有することができればと考えています。

 なお、私たちはあくまで本業ではなく趣味で活動していますので、数日おきに記事を書くこともあれば、何週間も更新が滞ることもあろうかと思います。8年前の原点に立ち返り、「書きたいときに、書きたいことを」という姿勢で、記事の量よりも質に重点を置いたブログづくりを心がけたいと考えています。

 それでは、次回の更新をお楽しみに。


プレミアムカー時刻表【お知らせ】
8月20日(日)から運行を開始した京阪電車の座席指定車両「プレミアムカー」の全列車時刻表(PDF)を、倶楽部2600Webサイト内の資料室にて公開しています。ダウンロードしてご利用ください。


このコンテンツについて
最新記事
カテゴリー
  • 京阪2600系の謎(1)
  • 想いでの風景(2)
  • あの日の出来事(1)
  • 鉄道コレクション(3)
  • 号外(1)
  • お知らせ(1)
  • その他(0)
  • 月別アーカイブ
    ブログ内検索
    Twitter
    リンク集
    鉄道コム にほんブログ村
    訪問者数
    管理者メニュー
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。